インフォメーションアクセス治療方針治療内容補綴(かぶせ)入れ歯インプラント矯正歯周病お知らせ求人案内ホーム
         
   すべての歯、あるいは何本かの歯を失った場合に、あごの上に歯の代わりの役目をはたす人工の歯を装着します。
  この装置によって失われた審美性(見た目や顔のかたち)、又、機能(咬み合わせや発音など)が回復できます。
 
         
入れ歯治療の流れ      
   概形印象の採得
 

 慨形の型とりをして、その模型で今後の治療計画を立てます。

 
 
 
既製の型とりの道具(写真左)と 研究用模型(右)
 
         
   精密印象の採得
   STEP1の模型を用いて、患者さんの口腔内によく適合した型とりの道具を作製し、それを用いてもう一度より精密な型をとります。  
 
 
作製された型とりの道具(写真左)と 精密にとられた印象(右)
 
         
   咬合採得
   上と下のあごの上下・前後・左右の位置的関係を再現し、記録します。  
 
 
ろう堤(写真左)と 咬合の採得(右)
 
         
   配列試適
   人工の歯を並べた作製途中の入れ歯を試適し、かみ合わせ・歯並びなどに修正の必要がないか診査します。  
 
ろう義歯(写真左・中)と ろう義歯の試適(右)
 
         
   最終印象
   作製途中の入れ歯と口腔内の誤差を無くし、よりよい適合を得るために最後にもう一度型とりをします。  
 
 
最終印象
 
         
   義歯装着  
   完成した入れ歯を口腔内に装着し十分機能を果たすように調整・修正を行います。  
 
 
         
   メンテナンス
   定期検診に来ていただき、義歯と口腔内との適合や正常な咬み合わせであるかをチェックさせていただきます。  
         
 
こんな義歯もあります (コーヌスクローネ)